目の下にクマができる原因

凜鍼灸治療院ブログ目の下のクマへの鍼灸治療

凜鍼灸治療院ブログ目の下のクマへの鍼灸治療

2019年12月20日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

12月のブログ(facebook)は〈目の下のクマ〉についてお伝えしています♪

目の下にできるクマとは〈目の周りが黒ずんでいる状態〉を指し、茶クマ・青クマ・黒クマの3種類に分けられます。

目の下のクマの原因は寝不足や疲労だけで起こると思われがちですが、実はそれぞれ原因が違います。

本日は〈目の下にクマができる原因〉についてお伝えしていきます!

目の下のクマの原因は、主に〈色素沈着・血行不良・肌のたるみ〉と言われています。

色素沈着が原因で起こるクマ(茶)は、紫外線や皮膚への刺激によるものが多いです。普段から激しく目を擦ったりすると茶クマができる原因になるので注意しましょう!

血行不良が原因で起こるクマ(青)は、冬場に急増すると言われています。また、青クマができやすい人には冷え性や頭痛持ちの人が多いとも言われています。

肌のたるみが原因で起こるクマ(黒)は、皮膚の色自体が変わっているのではなく、目の下に影ができて黒く目立っているタイプです。

次回は〈タイプ別クマ対策〉についてお伝えしていきます!

お楽しみに〜♪

凜治療院では、目の下のクマに対する鍼灸治療も実施しております。ぜひご相談くださいね。

Follow me!