目の下のクマ(隈)とは?

凜鍼灸治療院ブログ目の下のクマについて

凜鍼灸治療院ブログ目の下のクマについて

2019年12月15日(日)

おはようございます!院長の菊地です♪

12月のブログ(facebook)は〈目の下のクマ〉についてお伝えしています♪

目の下にできるクマとは〈目の周りが黒ずんでいる状態〉を指し、名前の由来は、歌舞伎の「隈取」からきていると言われています。

一口に「クマ」と言っても様々で、主に3種類に分類されることが多いです。

・茶クマ:メラニンが原因で、目の下が茶色くくすむクマ。
・青クマ:血管が透けて青く見えるクマ。
・黒クマ:皮膚のたるみが原因で、目の下に影ができたように見えるクマ。

目尻を優しく引っ張り、自分がどのタイプかをチェックして見ましょう!

・茶クマ:皮膚と共にクマが動く。
・青クマ:皮膚のみが引っ張られ、クマは動かない。
・黒クマ:皮膚を引っ張るとクマ自体が消える。

自身がどのタイプのクマかわかりましたか?

次回は〈クマができる原因〉についてお伝えしていきます!

お楽しみに〜♪

凜治療院では、目の下のクマに対する鍼灸治療も実施しております。ぜひご相談くださいね。

Follow me!

次の記事

院内大掃除のお知らせ