凜鍼灸治療院ブログ肌のシミについて
 
2019年9月11日(水)

おはようございます!院長の菊地です♪

この夏、海や山でレジャーを楽しんだ方も多かったと思いますが、強い日差しにさらされたお肌…大丈夫ですか?

女性も男性も、お肌の〈シミ〉は気になりますよね。

〈シミ〉とは、薄茶色や濃褐色の色素が肌にあらわれたものをいいます。

皮膚は、一番外側の表皮とその内側にある真皮からできており、シミに深く関係している部位が「表皮」です。

肌が紫外線を浴びると〈メラニン〉という色素を生成し、紫外線から皮膚細胞を守ろうとします。

皮膚の細胞は、通常約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる〈ターンオーバー(新陳代謝)〉を繰り返し、紫外線を浴びて作られたメラニンも、ほぼ28日サイクルで役割を終え、古い細胞とともに剥がれ落ちます。

ところが、さまざまな原因でメラニンが過剰に作られ、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、本来剥がれ落ちるはずのメラニンがそのまま滞って色素沈着として肌に残ってしまったものが〈シミ〉です!

次回は〈シミの種類〉についてお伝えして行きますね♪

お楽しみに☺️

Follow me!