凜鍼灸治療院アルコールと健康について

凜鍼灸治療院アルコールと健康について
 
12月14日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

12月は〈アルコールと健康〉についてお伝えしています!

皆さんは、どのようなお酒が好きですか?

ビール、焼酎、ウイスキー、日本酒…などなど。

(ちなみに、院長は日本酒好きです♪笑)

お酒とは、エタノール(アルコール)が含まれた飲料の総称で、体や脳に影響を及ぼす化合物がエチルアルコールという物質です。

飲んだアルコール飲料は〈胃で約20%〉吸収され、残りの大部分は〈小腸〉で吸収されて、血液に溶け込みはじめに肝臓に送られ分解されます。

肝臓に送られたアルコールは、アルコール脱水素酵素の働きにより〈アセトアルデヒド〉という有害物質に分解されます。

このアセトアルデヒドという有害物質が、お酒を飲んだ時に顔が赤くなったり、動悸や吐き気、頭痛などを引き起こしているのです!

さらに肝臓は、この有害物質であるアセトアルデヒドを分解し、無害な酢酸へと変化させ血液によって全身を巡るうちに〈
水と炭酸ガス〉に分解され、最終的に体の外に排出されます。

肝臓が元気でないと、アルコールはきちんと分解されないことがわかりますよね。

では次回は《アルコールの分解スピードについて》お伝えして行きます!

お楽しみに〜♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

デコレ コンコンブル Decole concombre お正月 マスコット 酒豪いのしし

Follow me!