凜鍼灸治療院スマートフォン依存症について
 
2019年1月23日(水)

おはようございます!院長の菊地です♪

凜治療院の1月のブログテーマは〈スマートフォン依存症〉です!

スマートフォン(スマホ)依存症とは、四六時中スマホをいじっており、スマホを触れないと心配になってしまい。他のことが考えられなくなってしまう症状のことです。

近年では、赤ちゃんから高齢者まで幅広いそうでスマホ依存が広がっていると言われています。

スマホ依存症の多くが自分がスマホに依存している自覚がありません。

スマホに依存していると、スマホが手放せなくなる他にも以下のような弊害があると考えられています。

・血行不良による肩こり、頭痛。
・ストレートネック。
・不眠。
・眼精疲労や視力の低下。
・学力、記憶力の低下。
・(手の)小指の変形。
・鬱やパニック障害。

スマホを使いすぎるだけで、これだけの症状が出る可能性があることを理解しながら、スマホをうまく付き合っていかなくてはならないですよね。

次回は〈なぜスマホに依存してしまうのか?〉についてお伝えしていきます!

お楽しみに〜♪

 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)