おはようございます!院長の菊地です♪

10月のブログ(Facebook)は「テーピング」についてお伝えしています!

私自身、数年前にテーピングトレーナーの資格を習得しており、様々な場面で活用しています。

テーピングといっても、目的やケガの程度、部位などにより使用するテーピングテープが変わります。

そこで、本日は【テーピングテープの種類】について書いていきますね!

テーピングテープには大きく分けて2種類あります。

①固定テープ:筋肉や関節を圧迫・固定する非伸縮性のテープ。

②伸縮テープ:筋肉の動きを補助・関節可動域をコントロールする伸縮性のテープ。

関節や筋肉をガッチリ固定したい時は【非伸縮性のホワイトテープ】を使用し、筋肉の動きをサポートしたい時は【伸縮性のキネシオロジーテープ】などを選びます。

そのほかにも、動きの大きな関節に使用するものやライトな固定に使用するソフト伸縮テープなど様々な種類が使い分けられています。

次回は【テーピングの目的】についてお伝えしていきます!

当院では、キネシオロジーテープによるテーピング療法、またテーピング法の指導も実施しております。

特にスポーツをやられている方など、お気軽にお問い合わせくださいね!
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓