3月31日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

3月も今日で最後ですね。

明日からいよいよ4月がスタートします。

新しい環境が始まる方も多いことでしょう。

気候も良くなり、日頃の運動不足解消のためや冬太り(?)解消のためにランニングを始める方も多くなる時期でもあります。

3月後半は【ランナーに多い疾患】についてお伝えしてきましたが、ランニング初心者の方は特に読んでくださいね♪

ランニングを始める方、ランニングに慣れた方も関節や筋肉、腱などに負荷をかけると炎症が発生しやすくなります。

膝、足裏、スネ、足首とお伝えしてきましたが、本日は【腰の痛み(坐骨神経痛)】について書いていきますね!

ランニングとは【股関節の曲げ伸ばしを繰り返す】スポーツです。

この股関節の動きにより【坐骨神経】が摩擦され、走っている時にお尻や太ももの裏に痛みや足の痺れが出現することがあります。

股関節を外側に動かす梨状筋という筋肉があります。

この梨状筋の真下を坐骨神経が通るため、ランニングにより梨状筋を酷使してしまうと坐骨神経が刺激され、下肢への痛みや痺れが発症してしまうのです。

腰を反って走ってしまうと、腰部に強い痛みが発生します。

腰を反らないように走るには、股関節の筋肉(動き)が大変重要になってきます。

ランニング中に腰やお尻、足に痛みが出ないようにするには、股関節のストレッチを十分におこなうことが予防になると言えるでしょう。

春はランニングにとても良い季節です♪

当院前の遊歩道(小平グリーンロード)も、美しい桜並木の中を走れるコースです。

痛みを引き起こさないよう、楽しく健康的にランニングを楽しんでくださいね♪

当院では、スポーツによる痛みへの鍼灸治療も実施しております。お気軽にご相談くださいね。
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

MOGU 気持ちいい抱きまくら 本体(カバー付) (NV ネイビー) 834287