kidoairaku
 
おはようございます!院長の菊地です♪

前回に続き、東洋医学からみる「感情の変動による身体への悪影響」について書いていきますね。

今日は『七情と五臓の関係』についてお伝えします。

前回のおさらい(笑)として、東京医学では精神や感情の状態を「喜・怒・憂・思・悲・恐・驚」の7つ(七情)に分けて考えています。

この7つの感情(七情)の変化は「心・脾・肺・腎・肝」の五臓に影響を与え、さまざまな症状を引き起こすといわれています。

この五臓の中でも、特に「心」は精神活動の中枢であり、心はすべての感情の影響を受けます。

また、五臓の中でも「肝」と「脾」は、精神的ストレスの影響を受けやすいとも考えられているので、特に注意が必要と言えるでしょう。

七情が五臓へ与える影響を詳しくみていきましょう。

①心ー喜(=気が緩む)
過剰な喜びは集中力を低下させ、不眠や動悸などを引き起こす。

②怒ー肝(=気が消耗する)
過度な怒りは興奮を招き気を上昇させるので、頭痛や目の充血などを引き起こす。

③思ー脾(=気が停滞する)
思慮による精神的な疲労がたまると、食欲不振や軟便、腹部膨満などを引き起こす。

④悲憂ー肺(=気が不足する)
過度の悲しみや憂いはやる気を低下させ、咳や息切れなどを引き起こす。

⑤恐驚ー腎(=気が乱れる)
過度の恐や驚きは、大小便の失禁や聖液の漏れ、白髪などを引き起こす。

このように、日頃からストレスを溜めすぎてしまうと、身体に様々な悪影響を与えてしまうことがわかりますよね。

たま、内臓が弱ってくると感情(情緒)に変化が起こることもみえてきます。

適度にストレスと発散し、内臓の調子を整えることがとても重要と言えますね!

当院では、ストレスによる体調不良への鍼灸治療も実施しております。

お気軽にご相談くださいね♪
 
 
↓院長のおすすめ↓
 
 

ZCB-48644/デコレ concombre コンコンブル 「ふるさとの秋」ふかし芋/インテリア/飾り/装飾/フィギュア/DECOLE/ギフト/プレゼント