凜鍼灸治療院ブログ下痢の鍼灸治療

凜鍼灸治療院ブログ下痢の鍼灸治療
 
2019年7月14日(日)

おはようございます!院長の菊地です♪

7月は『下痢』についてお伝えしています!

前回、下痢は〈便に含まれている水分の量が通常より多く、液状に近いまま排出される状態〉ということをお伝えしました。

では、なぜ?水分量のバランスが崩れてしまうのでしょうか?

答えはズバリ『腸の働きが異常な状態になっている』からです!

正常な腸では「ぜん動運動」という腸の運動により、腸の内容物を肛門側に送る働きをします。

内容物が腸を通過する際、内容物に含まれる水分が体内に吸収され適度な水分を含む便になります。

この働きの際、何らかの原因で腸の「ぜん動運動」が異常に活発になった時や水分量の調整機能に障害が起きてしまうと便の水分量が増加し下痢(軟便)を引き起こしてしまいます。

なぜこのように腸の動きに障害が起こるのでしょうか?

次回は「下痢の原因」についてお伝えしていきますね!

お楽しみに〜♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

バルミューダ 電気ケトル BALMUDA The Pot K02A-BK(ブラック)

Follow me!