凜鍼灸治療院の乳幼児の熱中症について
 
7月27日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

7月後半のブログ(facebook)は〈熱中症予防・対策〉をテーマにお伝えしています。

熱中症で特に注意が必要となるのが…「乳幼児」と「高齢者」です。

そこで本日は〈乳幼児の熱中症対策〉についてお伝えします!

乳幼児は体温調節機能が未発達なので、大人よりも熱中症にかかりやすいといわれています。

次の事を注意し、乳幼児を熱中症から守りましょう!

《乳幼児の熱中症対策》

・水分を多めにとる。
・熱や日射しから守る。
・地面に近いベビーカーの温度調整を気をつける。
・暑い環境に置き去りにしない。
・室内遊びにも注意を向ける。
・屋外での遊びに夢中になりすぎないように気をつける。

乳幼児はまだ自分の言葉で訴えることも、自分の力で動くことができません。

周りの大人が顔色や泣き方、汗の状態などを気にかけ熱中症を起こさないように見守ることが大切です!

次回は〈高齢者の熱中症対策〉についてお伝えします!

お楽しみに♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

オレゾホワイトパーフェクトディフェンスUV 50ml