mainImage-sabakuka
 
おはようございます!院長の菊地です♪

本日も「東洋医学からみた夏バテ」について書いていきますね!

今日は「乾燥肌タイプ」についてお伝えします。

暑い時期、ちょっと動いただけでも大量の汗をかきますよね。

汗による水分の放出は、肌の乾燥にもつながります。

また、暑さによる食欲不振や睡眠不足が積み重なると乾燥肌や肌荒れを引き起こしてしまいます。

東洋医学では、血と水が不足すると肌が乾燥してしまう原因と考えられています。

また、これからの季節は「燥邪(そうじゃ)」という秋特有の邪気による肌トラブルが増えてきます。

夏の疲れを引きずったまま秋を迎えると、ますます肌の状態が悪くなってしまいます!

スキンケアも大切ですが、食生活や睡眠などをしっかり改善していきたいですよね♪

「食欲の秋」という言葉があるように、秋は美味しい食材が増えてきます。

暑さで弱った胃腸での暴飲暴食には注意しましょうね!

当院では、辛い夏バテ症状への鍼灸治療も行っております。

お気軽にお申し出ください。
 
 
↓院長のおすすめ↓
 
 

デコレ humania ペン立て アウト ブラック