taifu
 
おはようございます! 院長の菊地です♪

台風10号が、また本州に接近・上陸の恐れが出てきましたね。

みなさま、通勤・通学・外出時にはお気をつけください。

台風による交通機関などの影響も心配ですが、台風のような大きな天候の変化によって引き起こされる体調不良。

その代表的な症状が「頭痛」です。

「台風がくると頭が痛くなる…」

そんな経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。

なぜ台風がくると頭痛が出てしまうのか?

人間は常に大気からの圧力を受けて(押されて)生きています。

台風のように急激に気圧が下がってしまうと、人体にかかっていた圧力が低下し体が膨張します。

この膨張によって血管やリンパの流れによって生まれる圧力(勢い)が低下してしまい、血行不良を引き起こしてしまいます。

血管が膨張することで周りの神経などを圧迫し、痛みを感じ出すといったメカニズムがわかっています。

体調が思わしくない方や昔、スポーツや事故などで怪我をしたことのある方(古傷)、生活習慣が乱れている方など自律神経の働きが弱っている方などが急な気圧の変化に対応できず、痛みを感じやすくなる傾向があるといわれています。

気圧の変化による様々な痛みの中でも、特に頭痛を引き起こしてしまう方が多く、このような頭痛を「低気圧頭痛」と呼びます。

次回は、このような頭痛に効果が期待されるツボについて書いてきますね!
 
 
↓院長のおすすめ↓
 
 

そして僕は天使になった (Yoshikazu Ikeya’s fantasy (#01))