凜鍼灸治療院帯状疱疹について
 
10月26日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

10月後半は〈帯状疱疹(たいじょうほうしん)〉についてお伝えしています。

帯状疱疹は〈身体の左右どちらか一方に刺すような痛みと帯状の湿疹(水ぶくれ)が現れる病気〉のことを言います。

では、体のどの部位に発症しやすいのかみていきましょう!

【主な発症部位】

・上肢〜胸背中(31.2%)
・腹〜背中(19.6%)
・頭〜顔面(17.6%)
・腰臀〜下肢(17.1%)

一般的に、身体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状に現れるのが特徴で、胸から背中、腕にかけて発症するのが最も多く、全体の半数以上が〈上半身〉に発症しやすいといわれています。

また、顔面、特に眼の周囲も発症しやすいので注意が必要です。

次回は『帯状疱疹の注意点』についてお伝えして行きますね!

お楽しみに〜♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓