2月20日(月)

おはようございます!院長の菊地です♪

本日から、東洋医学からみた「体内時計」を詳しくお伝えしていきます!

本日は「胃腸の時間帯」について書いていきますね♪

皆さんは朝、何時に起きていますか?

私は治療院まで電車通勤していますので、朝は6時に起床しております。

実は、東洋医学からみて朝の時間帯は「胃腸の時間」と考えられています。

①5:00〜7:00:大腸の時間
→この時間帯は【大腸】が最も活発になる時間帯と考えられています。この時間帯にしっかり排便していると、便秘なども解消され皮膚トラブルなども防げます。
ちょっと早起きをして、コップ1杯の水分を補給し、排便する習慣をつけると良いでしょう♪

②7:00〜9:00:胃の時間
→この時間帯は【胃】が一番活発になる時間帯といわれています。
この時間帯に食事をとると、充分に栄養を吸収することができると考えられています。
この時間帯に空腹でいると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のリスクが高まるといわれていますので注意しましょう。

東洋医学からみて、朝は「胃腸の時間帯」だということがわかりましたね。

次回は、9:00以降の時間帯を詳しくみていきましょうね

当院では、血行不良による冷えや女性特有のお悩みへの鍼灸治療も行なっておりますので、お気軽にご相談くださいね!
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

DECOLE マスコット concombre まったり ひなまつり おひなさま 猫雛