3月14日(水)

おはようございます!院長の菊地です♪

3月は「花粉症」についてお伝えしています!

前回は「花粉症のメカニズム」について書きましたが、本日は「東洋医学からみた花粉症」についてお伝えしていきます♪

東洋医学では【体に余分な水分がたまっている人や水分の循環が悪い人】が花粉症になりやすいと考えられています。

冷たいものを摂りすぎたり、過労やストレスにより体調を崩すと消化吸収の力が悪くなり、その結果、吸収されない水分が体内に溜まってしまいます。

この体内に溜まった(余った)水分のことを東洋医学では「水毒(すいどく)」と呼び、アレルギー体質のことを【水毒体質】と言います。

つまり、東洋医学でのアレルギー反応とは【体内に水分が溜まったことにより冷えが発生している】というサインでもあります。

花粉症(アレルギー体質)の方は、花粉症によるくしゃみや鼻水の改善も大切ですが、冷えやむくみの改善も必要といえるでしょう♪

次回は「花粉症の予防」についてお伝えしていきます!

お楽しみに♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

DECOLE ウエディングマスコット 和装猫 ZCB-37462