凜鍼灸治療院イライラ感について
 
11月30日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

あっという間に11月も今日が最終日です(汗)。

11月は〈イライラ感〉についてお伝えしてきました。

できることならば、イライラしないで生活したいですよね(笑)

そこで今日は〈東洋医学的イライラ解消法〉についてお伝えします♪

前回お伝えしたように、東洋医学では五臓六腑の中の「肝」の機能が弱るとイライラ感が出ると考えられています。

この「肝」の機能は、西洋医学で考える代謝や解毒の働きのほかに、自律神経をコントロールしており、情緒の安定を助けています。

ストレスに弱い「肝」にオススメなのが〈酸味のある食材〉を摂ることです。

酢の物やキウイ、スモモなどの酸味の強いフルーツを積極的に摂ることで、肝の機能を補ってくれます。

また、ストレスで自律神経である交感神経が極度に緊張し、副交感神経とのスイッチがうまく切り替わらないと、体のバランスは崩れてしまいます。

そこで、副交感神経を優位にするのに効果的と言われているのが〈入浴や半身浴〉です♪

37〜40℃の少しぬるめのお風呂に20〜30分ほどゆっくり入ってリラックスすると良いでしょう。

入浴の際、好みのアロマオイルなども活用するとよりリラックス効果が高まるでしょう♪

イライラ感が出ないよう、睡眠や栄養、運動などの基本的な日常生活のリズムを崩さぬよう過ごしてくださいね!

12月のブログもお楽しみに〜
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

SUNCALL (サンコール) キートス ヘアモイストバター 85g