梅雨のむくみ対策
 
6月24日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

6月は「梅雨時の体調不良」について書いています。

前回お伝えしたのが「梅雨のむくみ」。

梅雨の時期は、下半身のむくみはもちろんのこと、顔のむくみ感も気になりますよね(涙)。

そこで!本日は《梅雨のむくみ対策》についてお伝えしていきます♪

ポイント①:お風呂でよく温まる。
→暑い季節になると、ついついシャワーだけの入浴に。きちんと湯船につかり身体を温めると、血液循環もよくなり、余分な水分や老廃物も排出してくれます。

ポイント②:しっかりと睡眠をとる。
→暑さや日照時間の変化により、質の良い睡眠がとりづらい季節。睡眠不足は代謝を低下させてしまうので、夜更かしは控え十分な睡眠をとりましょう。

ポイント③:食事を工夫する。
→塩分や水分、アルコールなどを摂りすぎるとむくみの原因となります。梅雨時は利尿作用のある夏野菜や発汗作用がある食材などで工夫してみましょう。

ポイント④:適度な運動を心がける。
→運動不足は代謝を落とし血行も悪化させ、むくみの原因になります。同じ姿勢を続けないように注意し、適度な運動で汗をかきむくみ予防をしましょう。

このように、日常生活のなかでむくみ対策をして梅雨も快適に過ごしたいですよね♪

次回は《梅雨のむくみに効果的なツボ療法》についてお伝えしていこうと思います!

おたのしみに♪

凜鍼灸治療院では、梅雨時の体調不良への鍼灸治療も実施しております。お気軽にお問い合わせくださいね。

 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

【Amazon.co.jp限定】雅姫オリジナル柴田商店の曲げわっぱ&かまわぬコラボ手ぬぐい応募券付き 食いしん坊のお弁当ダイアリー