梅雨のむくみ
 
6月22日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

6月は「梅雨時の体調不良」について書いています。

前回までは「梅雨時に古傷が痛むのはなぜか?」をテーマに、気圧の変化が身体に与える悪影響についてお伝えしてきました。

梅雨に起こりやすい関節痛や頭痛が《気圧の変化による自律神経の乱れ》が原因だということが理解できたと思います。

憂鬱な梅雨、もうひとつ嫌な症状として浮かぶのが『むくみ』ですよね。

梅雨の時期になると「湿気(湿度)」が多くなり、皮膚からの発汗がうまく機能せず、余分な水分や熱が体内にこもってしまい、むくみの原因となります。

また、ジメジメと湿度が高いと、つい冷たい食べ物や飲み物を摂取してしまいがちに。

内臓が冷えて胃腸の機能が低下することでも、むくみや体調不良の原因を作り出してしまうのです。

むくみが起こると血流もわるくなるので、肌のくすみや目の下のクマなどが起こりやすくなり、むくみにより顔のたるみも引き起こしてしまいます!

(きゃーーー)

梅雨の不快なむくみ…次回は《梅雨のむくみ解消法》についてお伝えしていきますね♪

おたのしみに♪

凜鍼灸治療院では、梅雨時の体調不良への鍼灸治療も実施しております。お気軽にお問い合わせくださいね。
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン