凜鍼灸治療院ブログ気象病の予防について

凜鍼灸治療院ブログ気象病の予防について
 
2019年6月23日(日)

おはようございます!院長の菊地です♪

6月のブログ(facebook)は「気象病(天気痛)」についてお伝えします!

前回は〈気象病を起こしやすいタイプ〉についてお伝えしました。

気象病は内耳にある気圧センサーが反応することで起こるので、乗り物酔いを起こしやすいタイプの人は、この気圧センサーが敏感に反応しやすいので気象病も起こしやすいと言われています。

では、この気象病は予防できるのでしょうか?

基本的に考えられている予防法は〈自律神経系のバランスを整える生活を送る〉ことを心がけるようにすることです。

不規則な食生活や、夜更かしによる睡眠不足、運動不足などは自律神経系のバランスを乱す原因となります。

適度な運動や十分な睡眠、ぬるめのお湯でゆっくり入浴などを心がけると良いでしょう♪

また、気象病の人は耳の血流が悪い傾向があると言われているので、耳のマッサージなどを行い耳の血流を改善することで症状を予防・軽減することが期待できます。

今回までは現代医学(西洋医学)からみた気象病についてお伝えしましたが、東洋医学からみた気象病とはいったいどのようなものなのでしょうか?

次回は〈東洋医学から考える気象病〉についてお伝えします!

お楽しみに♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

催眠ガール

Follow me!