凜鍼灸治療院気象病になりやすいタイプについて

凜鍼灸治療院気象病になりやすいタイプについて
 
2019年6月21日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

6月のブログ(facebook)は「気象病(天気痛)」についてお伝えします!

前回は〈気圧が低下するときの人体の変化〉についてお伝えしました。

人間の体には、気圧を感じ取るセンサーが耳の鼓膜の奥〈内耳〉にあり、このセンサーにより気圧が低下すると自律神経にストレス反応が起こり体調不良を引き起こすのです。

では、どのようなタイプの人が気象病になりやすいのでしょうか?

それはズバリ!「乗り物酔いをしやすい人」です!

乗り物酔いを起こしやすい人は、内耳が揺れにとても敏感と言われています。

気象病は“気圧の変化”という揺れに敏感に反応すると起こる症状なので、車や船などの乗り物に酔いやすい人は気象病になりやすいと考えられています。

では、このような気象病は予防できるのでしょうか?

次回は〈気象病の予防法〉についてお伝えします!

お楽しみに♪
 
&nbsp
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

自分を操る超集中力

Follow me!