凜鍼灸治療院気象病について

凜鍼灸治療院気象病について
 
2019年6月14日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

6月のブログ(facebook)はは「気象病(天気痛)」についてお伝えします!

「雨の日は頭痛がひどくなる」
「台風が近づくと喘息発作が出る」
「梅雨時に古傷がシクシク痛む」

など、天気(天候)によって引き起こされる体調不良のことを《気象病(天気痛)》と言います。

気象病の主な症状として、次のようなものがあります。

・頭痛
・首の痛み
・めまい
・耳鳴り
・気管支喘息
・古傷の痛み

特に多い症状は「頭痛」で、日本人の約1000万人が気象病(天気痛)で悩んでいると言われています。

ではなぜ?天気によって痛みが出るのでしょうか?

次回は〈気象病の原因〉についてお伝えして行きます!

お楽しみに♪

凜鍼灸治療院では、気象病による痛への鍼灸治療も行なっております。
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

MOGU 気持ちいい抱きまくら 本体(カバー付) (NV ネイビー) 834287

Follow me!