5月28日(日)

おはようございます!院長の菊地です。

夏にむけての東洋医学的ダイエット企画!

東洋医学では、太る原因の体質を①気虚体質②気滞体質③湿熱体質④瘀血体質の4つに分けて考えられていることをお伝えしてきました。

この4つの体質を順番に見ていきましょう!

本日は「湿熱太り」体質改善について見ていきましょう♪

湿熱太り体質さんは、日頃から食べ過ぎ・飲み過ぎにより胃腸が弱ったことにより、体に溜まった余分な水分を処理できない状態になってしまった状態ですので、次の3つの改善ポイントが大切になります。

①規則正しい生活を心がける。
→まずは「食べたものをきちんとだす!」ことを心がけ、体内に余分な水分や食べ物をためないことが大切になります。
夜更かしや徹夜の仕事は基礎代謝を低め、湿熱や気虚の症状を悪化させてしまうので注意が必要です。

②早食いは禁物!
→脳の満腹中枢が満足するには時間がかかるので、ゆっくり食べること、お酒や甘いもの、脂っこいもの、唐辛子などの刺激物は食べ過ぎにつながる早食いを助長してしまうので避けるといいでしょう。ただし食欲を我慢すると反動で余計に食べてしまうので、少量を数回に分けて食べることがポイントです。
玄米や雑穀、海藻などの食物繊維が豊富なものを食べるといいでしょう。

③体に溜まった熱を発散させましょう!
→積極的な運動で、体内に溜まった熱を発散しましょう。
湿熱太りの方は汗っかきなので、水泳や水中運動がおすすめです。

次回(6月前半から)は「瘀血太り体質」についてお伝えしていきます♪

お楽しみに〜♪

当院では、体質改善の鍼灸治療も行っております。お気軽にお申し出くださいね♪

↓↓院長のおすすめ↓↓


Withings スマート体重計 Body ブラック Wi-Fi/Bluetooth対応【日本正規代理店品】