sick_netsu
 
皆さん、おはこんばんにちは!院長の菊地です♪

今日も女性特有の症状を“体質別”にお伝えしようと思います。

本日は「陰液(いんえき)が不足して起こる「陰虚体質」について書いていきますね!

東洋医学の「陰液(いんえき)」とは【人間の体内・体外にある津・液・精・血の総称】で、代表的なものとしては【血液・精液・リンパ液・汗・髄液・涙・尿・唾液・浮腫】などが挙げられます。

とくに【身体を冷ます陰液】が不足してしまうと、手のひらや足の裏の火照り、寝汗、夕方からの微熱、口渇などといった症状が現れやすくなります。

【陰虚タイプの主な症状】

・手のひらや足の裏が火照る
・夕方から夜にかけて微熱が出る
・口渇感
・寝汗
・不眠
・便秘(便が乾燥して硬い)
・小便の色が濃い

陰虚タイプさんは、血虚タイプさんと同様に痩せている人に多いのですが【疲れると顔に赤みが増す】人が多いです。

【陰虚タイプが引き起こす婦人病の特徴】

・月経周期が早い
・不正出血
・更年期障害
・慢性的な陰部のかゆみ

一般的に、血虚タイプさんが風邪などの熱疾患や夏バテなどで微熱が続くと陰虚タイプさんになってしまいますが、これら以外にも大量の発汗や過剰な性行為、辛いものの過食などが原因で起こることもあります。

次回は冷えが特徴の「陽虚体質」についてお伝えしますね!

当院は、婦人病対策にも力を入れております。

女性特有の婦人科疾患(生理痛・生理不順・不妊など)でお悩みの方は、お気軽にご相談ください♪
 
 
↓院長のおすすめ↓
 
 

ほしいものはなんですか?