熱中症になりやすいのはどんな人?

凜鍼灸治療院ブログ熱中症について

凜鍼灸治療院ブログ熱中症について
 
2019年8月28日(水)

おはようございます!院長の菊地です♪

8月のブログ(facebook)は〈熱中症〉についてお伝えしています♪

最終回の今日は〈熱中症になりやすいのはどんな人〉についてお伝えしていきます!

気温と湿度が高くなれば、どのような人でも熱中症になる可能性があります。

その中でも、特に注意が必要なのは【乳幼児と高齢者】です。

乳幼児は大人よりも新陳代謝が活発で体温が高く、汗腺が未熟なので汗をうまくかけず体温のコントロールができないので特に注意が必要です。

乳幼児の顔が赤くなっていたり、汗をたくさんかいている時はすぐに涼しい場所に移動しましょうね。

次に注意が必要なのは、暑さや喉の渇きを感じにくい高齢者の方達です。

また、歳をとると体内の水分割合が少なくなることに加え、心臓や腎臓の機能が低下していることが多いので、熱中症になった時の症状が重くなりやすい傾向にあります。

そのほかにも、肥満傾向の人や寝不足の人、二日酔いなどの人も熱中症が起こりやすくなるので注意しましょうね!

9月に入ると、朝晩の気温差が大きくなり体調を崩しやすくなります。

引き続き体調管理をしっかりしましょうね!

Follow me!