凜鍼灸治療院ブログ熱中症について

凜鍼灸治療院ブログ熱中症について
 
2019年8月23日(金)

おはようございます!院長の菊地です♪

8月のブログ(facebook)は〈熱中症〉についてお伝えしています♪

当院にもスポーツをやっているお子さまがいらっしゃる患者様が多く来院されています。

実際に目の前で熱中症の疑いがある人がいた時、どのような応急処置をするとよいのでしょうか?

本日は「熱中症の応急処置」について書いていきたいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

熱中症の症状として、次のような状態が起きていたらすぐに応急処置を行いましょう!

・立ちくらみ、筋肉のこむら返り、体に力が入らない、ぐったりする、呼びかけに反応しない、痙攣がある、まっすぐに歩けない(走れない)、体が熱い、ひどい頭痛、吐き気など。

【熱中症の応急処置】

1.涼し場所に移す。
2.脱衣と冷却。
3.水分と塩分を補給する。

風通りの良い日陰や、クーラーが効いている室内に移動し、衣類などを脱がせて体内の熱を放出させる。皮膚に水をかけたり、氷嚢などで首や脇の下、太ももの付け根などを冷やすのも効果的です。脱水を起こしている可能性があるので、冷たい水やスポーツドリンクなどで水分と塩分を補給しましょう。

あくまでも応急処置ですので、意識なかったり、吐き気や嘔吐の症状がある場合は口から水分補給ができないので、すぐに医療機関に行きましょう!

次回は〈熱中症予防〉についてお伝えしていきますね♪

お楽しみに!

Follow me!