凜鍼灸治療院の熱中症応急処置について
 
7月25日(水)

おはようございます!院長の菊地です♪

7月後半のブログ(facebook)は〈熱中症予防・対策〉をテーマにお伝えしています。

熱中症は、室内にいても屋外にいても発症する危険があります。

前回お伝えしたような症状が出ていたら、すぐに応急処置を行い、医療機関へ行きましょう!

〈熱中症の応急処置〉

・クーラーが効いた室内や車内など涼しい場所に移動する。

・屋外にいた場合は、風通りのよう日かげに移動し安静にする。

・衣類をゆるめて、体の熱を放出させる。

・氷や保冷剤、皮膚に水をかけて体の熱を下げたり、うちわや扇子などで扇ぎ体を冷ます。

・塩分や水分を補給する。(スポーツドリンクがおすすめ)

熱中症は命に関わる危険な症状です。

応急処置を行うことで悪化を防ぎ、すぐに医療機関へ受診しましょうね。

次回は〈幼児の熱中症〉についてお伝えします!

お楽しみに♪

 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法