11月22日(水)

おはようございます!院長の菊地です♪

本日も「女性ホルモン」の続きです♡

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種があり、これらのバランスが保たれている状態が理想、ということを書きました。

どうしても「美のホルモン」と言われているエストロゲンに注目してしまいがちです。

しかし、エストロゲンが過剰に分泌されてしまうと乳ガンや子宮体癌のリスクを高めてしまう負の作用もあります。

このように、エストロゲンが過剰にならないようにする作用があるのが、プロゲステロンなのです。

エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく適度な関係を保つことが、女性の健康と美を支えていると言えるでしょう。

しかし、現代の女性は「エストロゲン優位」になりがちだと言われています。

その背景には、過度のストレスや間違ったダイエット、妊娠・出産しない女性が増えたことがあげられています。

女性ホルモンのバランスを調整しているプロゲステロンが分泌されなくなると、ますます女性ホルモンのバランスが崩れ、様々な弊害が出てくる可能性もあります。

20〜40代の女性ホルモン分泌が不足しているというよりは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを崩している人が多いといえるのです!

では、どのようなことで女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのでしょうか?

次回から一緒に考えていきましょう♪

当院では、ホルモンバランスの乱れによる体調不良への鍼灸治療や、更年期特有の不快な症状に効果が期待されている馬由来のプラセンタ(カプセル・ドリンク)の販売も行っております。気軽にご相談くださいね♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

【日本語取説付き&電波法認証取得&一年間保証&正規品】 Zhiyun Smooth-Q 3軸 ハンドヘルド ジンバル スタビライザー 手持ち式 パノラマモード ワイヤレス制御 3.5 “〜6″スマートフォン 手ブレ防止 より安定感 クリーンキットセット付属 iPhone/Android両対応 (ブラック)