肋間神経痛になりやすい人の特徴

凜鍼灸治療院ブログ肋間神経痛について

凜鍼灸治療院ブログ肋間神経痛について
 
2019年10月20日(日)

おはようございます!院長の菊地です♪

今月のブログ(facebook)は〈肋間神経痛〉についてお伝えしています!

肋間神経痛とは【各肋骨の下を走る神経(肋間神経)が、なんらかの理由により圧迫・刺激されることで胸や背中に鋭い痛みが生じる状態】のことを言い、脊椎や肋骨、ホルモンや免疫力の低下により発症すると考えられています。

では、どのような人が肋間神経痛を発症しやすいのでしょうか?

スポーツや事故などによる外傷以外では、①中年期以降の女性、②免疫力が低下している人、③ストレスや疲れをためやすい人、が肋間神経痛を起こしやすいと言われています。

①「中年期以降の女性」は、閉経後、骨密度を維持する働きのあるエストロゲンというホルモンの分泌が少なくなり〈骨粗しょう症〉になりやすくなります。このように、骨密度が低下することにより、肋間神経を刺激してしまうことがあると考えられています。

②「免疫力が低下している人」は、帯状疱疹ウイルスに感染するリスクが高まり、帯状疱疹でできる水ぶくれが肋間神経を傷つけ痛みを出すことがあります。

③「ストレスや疲れをためやすい人」は、自律神経が乱れやすく、肋間神経の痛みに対する感受性を高めてしまい、結果的に肋間神経痛を引き起こすことがあります。

では、肋間神経痛を発症した場合はどのようにするといいのか?何科を受診するといいのでしょうか?

次回は〈肋間神経痛への対策〉についてお伝えしていきます!

お楽しみに♪

当院では、肋間神経痛による不快な痛みに対する鍼灸治療も実施しております。

ぜひご相談くださいね。

Follow me!