3月11日(日)

おはようございます!院長の菊地です♪

3月は「花粉症」についてお伝えしています!

花粉症による不快なくしゃみ・鼻水・目のかゆさ…いったいなぜ引き起こされるのでしょうか?

そこで本日は「花粉症のメカニズム」について書いていこうと思います。

植物の「花粉」という異物(アレルゲン)が体に侵入すると、まず、その異物を体が受け入れるかどうかを判断します。

そして、体がこの異物を「排除する」と判断した場合に、この異物と反応する物質(IgE抗体)を作り出します。

抗体を作り出した体は、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある抗体と結合し、その結果、化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り体外に放出しようとします。

この作用により、くしゃみや鼻水、涙で花粉を洗い流したり、鼻づまりを起こすことで花粉の侵入を防ごうとします。

これが花粉症に不快な症状を引き起こすメカニズムです!

次回は「東洋医学からみた花粉症」についてお伝えしていきます。

お楽しみに♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

リミットレス! あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク