3月30日(木)

おはようございます!院長の菊地です♪

3月ももうすぐ終わってしまいますね。

3月の前半は花粉症について、そして後半はランナーに多い疾患をお伝えしていきました。

当院の前の遊歩道(小平グリーンロード)でも、今日も多くのランナーが走っています。

暖かくなり、洋服もだんだん薄くなり、体型が気になる季節でもあります(汗)。

ダイエットのため、急にランニングをはじめるといろんな部位に障害が起こってしまいます!

ランニング初心者は、気をつけておこなってくださいね♪

今まで、膝、足裏、スネの痛みについてお伝えしました。

本日は【足首(アキレス腱)の痛み】について書いていきますね!

ランナーが発症しやすい足首の痛みに【アキレス腱炎】があり、アキレス腱の晴れや痛みが出現します。

アキレス腱はふくらはぎの筋肉をかかとに伝える役割と、足首を下にそらす働きがあります。

ランニングの動作には、着地時に下腿部に大きな張力が働きます。そのため、走り過ぎや合わないシューズを使用するとアキレス腱やふくらはぎに過度な負荷がかかり炎症を引き起こしてしまいます。

悪化すると安静時にも痛みが生じ、足首を動かす際に摩擦音が聞こえることもあります。

悪化する前に、患部を安静にし、早期治療を必要があります!

次回は【腰の痛み(坐骨神経痛)】についてお伝えしますね♪

当院では、スポーツによる痛みへの鍼灸治療も実施しております。お気軽にご相談くださいね。
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編