凛鍼灸治療院

おはようございます!

桜の季節が来る前に、オリンパスのデジカメを買おうか迷っている院長の菊地です(笑)

(多分…買いますけどね〜♪)

さて、本日は「身体に影響を与える7つの感情」についてお伝えしようと思います!

誰もが経験したことがある「精神的ストレス」。

気分が激しく落ちたり、怒りで頭に血が上ったり…

東洋医学では、このように【激しい感情の変化に身体が対応できない状態】の時に病気が発症すると考えられています。

みなさんがよく耳にする人間の感情を表す言葉に「喜怒哀楽」というのがありますよね。

東洋医学では、人間の感情を「7つ」に分けます。

これを『七情(しちじょう)』と言います。

七情は「喜(き)・怒(ど)・憂(ゆう)・悲(日)・思(し)・恐(きょう)・驚(きょう)』という感情を言います。

七情はそれぞれ特定の「臓(五臓)」と関連し、それぞれの臓に病を起こします。

①喜(→心)
 喜びすぎると気が緩み、集中力の低下や突然死を引き起こす。

②怒(→肝)
 怒りすぎると気が上り、頭痛、動悸、めまい、脳卒中、
 目の痛みなどを引き起こす。

③憂・悲(→肺)
 憂い、悲しみすぎると気が消耗し、喉のつまり、咳、
 過呼吸などを引き起こす。

④思(→脾)
 思い悩みすぎると気が停滞し、食欲不振、膨満感、胃潰瘍
 下痢などを引き起こす。

⑤恐・驚(→腎)
 恐れがすぎると気が下がり、驚きすぎると気が乱れ、
 失禁、白髪、精神不安、不眠などを引き起こす。

①〜⑤を逆の視点から表現すると、例えば「肝」を痛めると「怒りっぽくなる」とも言えます。

このように「内因(人間のもつ内的要素)」による病気のことを、東洋医学では「内傷病(ないしょうびょう)」と言います。

現代は「ストレス社会」です。

精神面のダメージが五臓へ悪影響を与え、病気にならないように気をつけなきゃいけないですね!

次回は、「外因」についてお伝えしていきます♪
.
.
.
当院愛用アイテム




ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B001HLBXY8&linkCode=as2&tag=vetrina-22″>トイレットペーパー 白壇の香り 4RW