凜鍼灸治療院の高齢者の熱中症対策
 
7月29日(日)

おはようございます!院長の菊地です♪

7月最後のブログ(facebook)は〈高齢者の熱中症対策〉についてお伝えします♪

前回お伝えした〈乳幼児〉と同様、高齢者も温度に対する感覚が弱くなっているため、室内でも熱中症にかかりやすくなるといわれています。

高齢者本人およびご家族の方も次のような点を注意し、高齢者の熱中症を予防しましょう!

《高齢者の熱中症対策》

・温度計や湿度計などを活用し、暑さ対策をする。
・室内を涼しい環境にしておく。
・喉が乾く前に、こまめに水分補給をする。
・入浴や起床前後の水分補給を気にかける。
・外出時は特に注意し、服装などを工夫する。

高齢者の方は自分自身で暑さや喉の渇きに気づくことが困難となり、体調の変化も我慢してしまうことがあります。

ご家族やまわりの人が高齢者の体調をこまめに気にかけ、熱中症対策を促すことがとても大切になります。

まだまだ暑い夏日が続きます。

体調管理をしっかりして、楽しい夏を過ごしてくださいね♪

8月が〈夏の冷え〉をテーマにお伝えしていきます!

お楽しみに〜♪
 
 
↓↓院長のおすすめ↓↓
 
 

羊と鋼の森 (文春文庫)