秋の体調不良

凜鍼灸治療院の健康ブログ、秋の病について

凜鍼灸治療院の健康ブログ(Facebook)では「東洋医学からみる季節の変化と体調不良」についてお伝えしています。
東洋医学では、季節を「春」→「夏」→「土用」→「秋」→「冬」の5つに分けており(五季)、それそれの季節で身体に様々な影響を与えると考えられています。
前回は「注夏病」という夏バテを引き起こしやすい「夏」の体調不良についてお伝えしました。
本日はちょうど今の時期「秋(9月〜11月頃)の病」についてみていきましょう♪
東洋医学では、秋は「肺」の機能が低下しやすい季節と考えられています。
秋は空気も乾燥するので、鼻や喉に負担がかかるため、鼻炎、咳などが出やすい季節です。
朝晩の冷え込みが増し、首筋がこわばり肩こりを感じやすくなります。
痔も秋に悪化しやすいといわれており、東洋医学では「冷え」が原因と考えられています。
「秋」は風邪などを引かないように、呼吸器を大切にしてお過ごし下さいね♪
次回は「冬の体調不良」についてお伝えします!
お楽しみに♪

ネット予約はこちら

前の記事

夏の体調不良

次の記事

冬の体調不良