花粉による顔のむくみ。

花粉症による顔のむくみ

花粉による顔のむくみ

多くの日本人が悩まされるスギ花粉ヒノキ花粉は、2月から4月の春先にピークをむかえます。
花粉症とは、花粉を吸い込むことにより引き起こされる季節性アレルギー性鼻炎のことをいいます。
花粉症の主な症状は次の通りです。

  • 目のかゆみ
  • 連続したくしゃみ
  • 水のようにサラサラした鼻水
  • 鼻づまり

その他にも、頭痛倦怠感不眠集中力の低下なども出てきます。
そして特に気を遣いたいのが顔のむくみ

花粉症とは、花粉が体内に入ることで引き起こされるアレルギー反応です。
花粉が体内に入ると、花粉を異物と判断し、それを排除するために抗体をつくります。
この抗体をIgE抗体といい、目や鼻の粘膜にある肥満細胞と結合します。
スギやヒノキなどの花粉がIgE抗体と結合した肥満細胞に付着することでスイッチが入り、脂肪細胞からヒスタミンという化学伝達物質が大量に放出されます。
このヒスタミンが、くしゃみ鼻水鼻づまり目のかゆみなどを引き起こす原因となります。
これらの症状が悪化し炎症が起こると、症状を緩和しようと血管の外に白血球が出やすくなり、顔全体や目の周りがむくみやすい状態になります。
連続したくしゃみや鼻水、目のかゆみの他に顔のむくみが出てきたら、花粉症が悪化しているサインかもしれませんよ。

次回は、東洋医学からみる花粉症についてお伝えします。

つづく


予約する

ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にこちらをお読み下さい。→

ブログの記事一覧→