なんの前触れもなく突然起こる激しい痛みをぎっくり腰。

ぎっくり腰

なんの前触れもなく突然起こる激しい痛みをぎっくり腰。12月は「ぎっくり腰」についてお伝えしています♪

ヨーロッパでは「魔女の一撃」と呼ばれており、日常の何気ない動作をした時に誰にでも起こりうる症状のことを言います。
ぎっくり腰とは通称で、病院では「急性腰痛症」と診断されます。

■ぎっくり腰を発症しやすい日常動作■
・重い物を持ち上げる動作。
・小さなお子さんを抱きかかえる動作。
・咳やクシャミをした時の動作。
・ベッドや布団から体を起こす動作。
・顔を洗う動作。
・椅子に座っている状態で横や後ろのものを取ろうとする動作。
・ゴルフや野球の素振り。

ぎっくり腰は急性の一時的な腰痛と言われていますが、適切な手当をしないと、慢性の腰痛になってしまう可能性もあります。
特に中高年の方は、しっかりケアしないと再発傾向も多く見られるので要注意です!
ぎっくり腰の激痛はなぜ起こるのでしょう?
次回は〈ぎっくり腰の痛みの原因〉についてお伝えします。
お楽しみに♪

予約する