夏はしっかり養生しましょう!

凜鍼灸治療院の健康ブログ、夏の養生について

夏は暑邪(しょじゃ)に要注意!

7月に入り、昼夜問わず暑さが続く季節になってきましたね。

東洋医学では、体をとりまく病気の原因外因(がいいん)、内因(ないいん)、不内外因(ふないがいいん)の3つに分類して考えます。

  • 外因体の外部から侵入してくる病邪
  • 内因:その人のもつ体質(心の変動も含む)
  • 不内外因生活習慣による原因

この3つの原因のうち、季節の変化気候の変化など環境的要因に基づくのは外因である6つの病邪です。

この6つの病邪のことを六淫(りくいん)または六邪(ろくじゃ)と言います。

  • 2月~4月 → 風邪(ふうじゃ):めまい・悪寒・鼻水・喉の痛みなど
  • 5月~7月 → 暑邪(しょじゃ):高熱・顔が赤い・口が乾く、大量に汗をかくなど
  • 7月(梅雨時)→ 湿邪(しつじゃ):体がだるい・むくみ・頭が重い・下痢などの
  • 8月~9月→ 火邪(熱邪):高熱、顔や目が赤くなる、歯茎が腫れる、不安感、不眠など
  • 8月~10月 → 燥邪(そうじゃ):空咳・便秘・髪の毛や皮膚の乾燥など
  • 11月~1月 → 寒邪(かんじゃ):足腰の冷え・お腹の冷え・下痢をするなど

これからの季節は「暑邪」に注意が必要となります。

次回は「夏特有の邪気、暑邪」について詳しくみていきましょう!


本日も最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございます。
(大変励みになっています!)

Topページに戻る

SNS

ご予約受付〈30日前〜30分前まで
ご予約前にお読み下さい。→