ストレートネックが原因による体調不良

ストレートネックが原因による体調不良

パソコンやスマートフォンの普及により、現代人は姿勢が悪くなり、首の骨(頚椎)のカーブが真っ直ぐになってしまった状態の人が増えています。

この状態の首をストレートネックといいます。

パソコンやスマートフォンを長時間使うとうつむいた状態が続き、頭を支える首に大きな負担をかけます。

トレートネックになると、首や肩まわりだけではなく、全身に体調不良が出現するといわれています。
代表的なものをいくつかみていきましょう。

  • 首まわりの筋肉が緊張することによって起こる肩こり首のこり
  • 首まわりの筋肉が緊張し、血管が圧迫されることで起こる緊張型頭痛
  • 後頭部の筋肉が硬くなることで起こる、眼精疲労目のかすみ
  • 首まわりの筋肉の緊張により、神経が圧迫されて起こる吐き気胃の不調
  • 首まわりの筋肉の緊張により、神経が圧迫されて起こる手のしびれ
  • 首まわりの筋肉の緊張による、自律神経が乱れたとこによる全身の倦怠感

人間の頭は、ボーリングの球ほどの重さがあるといわれています。
ストレートネックにより頭が通常より前に出てしまうと、首や肩だけではなく、背中の筋肉にも大きな負担がかかってきます。
筋肉に負担がかかると、血管神経を圧迫し、コリや痛みだけではなく頭痛吐き気手のしびれなどの症状も出現しやすくなります。
なかなか治らない首や肩のこり、肩甲骨の間付近の痛み、原因不明の胃痛などの体調不良は、姿勢の悪さからくるストレートネックが原因かもしれません。
ストレートネックを引き起こす生活習慣とはどのようなものなのでしょうか

次回は、ストレートネックにつながる生活習慣についてみていきましょう。


予約する

ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→