若者に増えている、ストレートネック

若者に増えている、ストレートネック

最近、このような症状でお悩みではありませんか?

  • 肩こりがひどい
  • 首筋(うなじ辺り)に痛みがある
  • パソコンスマートフォンを長時間使うと頭痛がする
  • 上を向くと首が痛む
  • 首から背中(肩甲骨の間)にかけてハリや重だるさ、痛みが出る

このような症状が出ている方は、ストレートネック(通称スマホ首)かもしれません。

ストレートネックとは、正常な首(頚椎)のカーブが失われた状態のことをいいます。

人間の背骨は24個の椎骨からなり、横からみるとS字カーブを描いており、ゆるやかに前弯しています。

しかし、スマートフォンやパソコンの普及により、視界が下を向く(頭が前に出てしまう)状態を続ける時間が増えました。

このように、うつむいた状態が続くと、頭を支える首に負担をかけ、首の骨(頚椎)本来のカーブが失われ真っ直ぐな状態になてしまいます。

このような姿勢傾向ストレートネックといいます。

ストレートネックが原因で、様々な病気を引き起こすことがあります。
代表的なものが次の4つです。

  • 胸郭出口症候群
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板症(頚椎症
  • 肩関節周囲炎(通称、五十肩)

ストレートネックになると、どのような症状(痛み)が出るのでしょうか。

次回は、ストレートネックによる体調不良について詳しくお伝えします。


ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→