10月は、秋の花粉や喘息に注意しましょう。

10月は、秋の花粉や喘息に注意しましょう。

凜鍼灸治療院からの10月のお知らせ

10月に入り、2021年も残すところあと三ヶ月となりました。
ひと雨ごとに気温が下がり、秋が深まってくる10月。

秋は空気が乾燥し、口の粘膜潤いが失われ、風邪気管支炎喘息などにかかりやすいと言われています。
また、秋はアレルギー性鼻炎(花粉症)の原因となる花粉が飛散する季節です。

  • 豚草(ブタクサ):8月から10月にかけて開花。キク科。日本で最初に報告された花粉症。
  • 蓬(ヨモギ):8月から10月にかけて開花。キク科。道路脇や公園、河川敷などに生育。繁殖力が強い。

余談ですが、お灸治療で使用するもぐさ(艾)は、ヨモギを乾燥させ、葉の裏にある繊毛(せんもう)を精製したものです。
もぐさの名前の由来は諸説ありますが、昔は乾燥させたヨモギを手で揉んで精製していたため、揉み草から「もぐさ」と呼ばれるようになったと言われている。
また、ヨモギはよく燃えることから「善燃草(よもぎ)」と書かれることもあり、「燃える草」から「もぐさ」と呼ばれるようになった、とも言われています。

9月末で長かった緊急事態宣言が解除されましたが、風邪インフルエンザ花粉症が流行する季節です。
油断せず、うがい、手洗い、マスクでしっかり予防しましょうね。

10月も、みなさまのご来院を心からお待ちしております。

Topページに戻る


ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→