虚実による便秘、便秘の証を立てよう

虚実による便秘、便秘の証を立てよう

凜鍼灸治療院の健康ブログ、3月の特集は便秘です

凜鍼灸治療院ブログ、3月は「便秘」を特集しています。

前回(3/23掲載)お伝えしたように、東洋医学では、治療方針を決める際に「虚実」という指標を使います。

この「虚実」を使って便秘のタイプをわけてみていきましょう。

便秘のタイプ原因特徴
実証タイプの便秘胃腸に熱がたまり、水分が少なくなった状態便が硬く出にくい、便がコロコロしている、頑固な便秘
虚証タイプの便秘体質的に腸の働きが悪い状態排便に時間がかかり、下剤を飲むと腹痛や下痢を起こしてしまう
実証タイプの便秘と、虚証タイプの便秘の特徴

虚実による便秘の種類が理解できたところで、さらに詳しくみていきましょう。

前回(3/23掲載)もお伝えしましたが、東洋医学では病気の本質を捉えることを「証を立てる」または「証をつかむ」と言います。
治療方針を決定するためには、「気・血・水(津液)」や「陰陽」、「虚実」などをみながら証を立てていきます。

東洋医学(特に漢方)では、便秘の証を虚実の指標もふまえて4つに分けて考えます。

便秘の証原因特徴
熱秘(ねつひ、ねっぴ)辛いもの、油っぽいもの、お酒のとり過ぎで胃腸に熱がこもった状態便が硬くて臭い、頭痛や肩こりがある、暑がり、冷たいものが好き
寒秘(かんひ)、冷秘(れいひ)冷たいもの・生ものなどのとり過ぎなどで腸が冷えて機能低下した状態、冷え性排便の最初は硬く後は柔らかい、手足やお腹が冷えやすい、トイレが近い
燥秘(そうひ)病後や出血後、老人に多く、 腸の水分が消耗して全身が乾燥した状態便が硬くてコロコロしている、肌や髪が乾燥しやすい、手足がほてる
気秘(きひ、きっぴ)生活リズムの乱れやストレスなどで、腸の正常なリズムが乱れている状態便秘と下痢を繰り返す、ガスやゲップが出やすい、残便感がある
便秘の4つの証

あなたはどのタイプの便秘でしたか?

次回は、それぞれのタイプの「便秘解消法」についてお伝えします。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

Topページに戻る


ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→