年末の大掃除で起こしたギックリ腰への応急処置

凜鍼灸治療院の健康ブログ、12月は応急処置をお伝えしています。

まずは腰に負担がかからない姿勢で安静に!

凜鍼灸治療院の12月のブログは「応急処置」を特集しています。

年末といえば、ご家庭でも職場でも行われるのが「大掃除」ですよね。
普段は動かさない家具などを移動させて、隅々まで掃除をして新年を迎える準備をします。
しかし、普段使わない筋肉に負担をかけることで「ぎっくり腰」を起こしてしまう危険もあります。

ぎっくり腰とは、腰に突然疼痛がはしる疾患で、腰部の関節捻挫、筋肉の損傷、筋膜性炎症などの症状を指します。

ぎっくり腰を起こした時の応急処置のポイントは次の通りです。

  • 腰に負担がかからない姿勢をとり、安静にする。
  • 患部に痛み、腫れ、熱感がある場合は、すぐに患部を冷やす(冷やしすぎに注意)。
  • コルセットや骨盤ベルトなどで、腰への負担を軽くする。
  • 痛み止めの湿布や飲み薬も有効。

腰に負担がかからない姿勢とは、痛みが強い側の腰を上にし、膝を少し曲げた状態で横向きに寝る姿勢です。

横向きの姿勢で寝るのが辛い場合は、仰向けに寝て、膝を軽く曲げ、膝の下にクッションなどを入れるのがおすすめです。

ぎっくり腰を起こしてすぐは安静に過ごすことが大切ですが、安静にしすぎても背筋が衰え回復が遅れると言われています。
痛みや腫れがおさまってきたら、筋肉が衰えないように動かせる部位は積極的に動かしましょう。

コルセットや骨盤ベルトなども腰まわりの筋肉をサポートしてくれるので、活用しながら少しずつ体を動かしましょう。

ぎっくり腰の痛みがなかなか治らない、下肢に痺れが出てきた発熱してきた、などの症状が出た場合は「椎間板ヘルニア」や「感染性脊椎炎」などの病気の可能性がありますので、すぐに専門の医療機関を受診してくださいね。

次回は「やけどの応急処置」についてお伝えします。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

応急処置は治療ではないので、症状が重い場合は必ず病院を受診してくださいね。

自分や家族の症状が軽症・重症の判断がつかない場合は「救急安心センター」に必ず電話してください。

  • 救急安心センター(♯7119)
凜鍼灸治療院の健康ブログ、12月はお応急処置についてお伝えします。

Topページにもどる




ご予約受付〈30日前〜30分前まで

ご予約前にお読み下さい。→