睡眠不足による身体への悪影響

睡眠不足による身体への悪影響

睡眠不足による身体への悪影響

4月の凜鍼灸治療院ブログは「睡眠」を特集しております。

皆様は1日に何時間眠っていますか?

経済協力開発機構(OECD)の統計によると、1日の平均睡眠時間は多くの国が8時間を超えるなかで、日本は7時間22分と33カ国中ワースト1でした(2016年調べ)。
さらに2018年の厚生労働省の調査によると、日本人は「睡眠時間6時間未満の人が40%」という報告がされています。

まずは自分の睡眠をチェックしてみましょう!

  1. なかなか寝付けない
  2. 夜中に何度も目が覚める
  3. 朝早く目が覚める
  4. しっかり眠っているはずなのに眠い
  5. 深夜になっても眠くならず昼近くまで起きられない
  6. 夕方から眠り夜中に起きたり、寝る時間が遅くなったりしてしまう
  7. 休日は寝だめするようにしている
  8. 家族にいびきがうるさいと指摘される
  9. 大きいいびきをかいて息が止まることがある
  10. 寝ているときに脚がムズムズする

1〜4の項目に該当する人は「睡眠の量や質」に問題が、5〜7の項目に該当する人は「睡眠のリズムまたはタイミング」に問題が、8〜10の項目に該当する人は「睡眠中に異常な症状がある」可能性が高いです。

睡眠不足によって、次のような症状が懸念されます。

  • 免疫力の低下による、感染症などの病気にかかりやすくなる
  • ホルオンバランスが乱れ、太りやすくなる
  • 目覚めが悪く、眠気や疲労感が取れない
  • 日中のパフォーマンス、集中力が低下する
  • 交通事故や業務上のミス、トラブルが増える

さらに睡眠不足が深刻になると、さまざまな病気のリスクが高くなります。

代表的な睡眠障害

1. 不眠症夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める時差、暑さや騒音、明るさなどの影響、年齢、精神的ストレス、アルコール、カフェインなど
2. 過眠症夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態脳内の覚醒維持機能の異常、何らかの原因で夜間の睡眠障害があるため
3. 睡眠時無呼吸症候群夜間睡眠中に何度も呼吸が止まる睡眠障害上気道(空気の通り道)が閉塞(肥満、脂肪が多く短い首、舌が大きい、あごが小さいなど)することにより起こる。

上記の中でも「睡眠時無呼吸症候群」は、死に至る可能性もあるとても怖い病気です。

次回は「本当に怖い睡眠時無呼吸症候群」についてお伝えします。

本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

Topページに戻る


ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→