深呼吸で感情を整えよう

深呼吸で感情を整えよう

凜鍼灸治療院の健康ブログ、深呼吸で気を巡らせつ

凜鍼灸治療院の11月のブログは、「心のケア」をテーマに特集してきました。

現代医学、東洋医学(中医学)のどちらも環境(気候)の変化過度にかかるストレスなどが精神面感情)に与える悪影響を重要視しています。

東洋医学では中国自然哲学思想である五行論により、感情や季節、臓器などこの世のあらゆるものを5つに分類して考えます。
それぞれの季節(五季)で傷つきやすい臓器(五臓)、行き過ぎやすい感情(五志)の関係についてみてきましたが、最終回では「行き過ぎた感情を整える方法」についてみていきましょう。

行き過ぎた感情の変化と臓器の関係(11/18投稿)」の記事でお伝えしたように、感情が行き過ぎると生命活動を営むエネルギーである「」にも影響を与えます。

東洋医学が「気の医学」といわれるほど、「」というエネルギーは重要な概念です。
「気」には形がなく、元気やる気気分などといった言葉に使われているように感情精神面)の状態も含んだ意味があります。

現代医学からみると、「気」は自律神経の働きに関与していると言えるでしょう。

「気」には多くの重要な働きがあります。

  • (血液に近い概念)や(血液以外の体液)の流れを推進する
  • 病気の原因となる外邪(風邪、寒邪、暑邪、湿邪、燥邪、火邪)の侵入を防ぐ
  • 臓器を定位置に保持する
  • 体温調節を担う

そして「気」の不調には次の3つがあります。

  • 気虚(ききょ):気が不足している状態。食欲不振や全身の倦怠感などが出る。
  • 気滞(きたい):気の巡りが悪くなっている状態。頭重感や胸、お腹に張りがでる。
  • 気逆(きぎゃく):気が下から上に逆流している状態。イライラしたり、のぼせ、吐き気やゲップなどが出やすくなる。

上記の中でも、過度なストレスが原因で起こるのが「気滞」です。

これらをみてわかるように、「気」という生命活動を営むエネルギーの巡りが悪くなると、様々な臓器に悪影響が出て病気になると考えらえれています。

「気」を正常に巡らす働きを担っている臓器が「」です。

肺は空気(自然界の清気)を呼吸によってコントロールしているので、精神的な負担がかかった時こそ大切になるのが「深呼吸」です。
深呼吸には現代医学(西洋医学)、東洋医学(中医学)の両方からみても次のようなメリットがあげられます。

  • 血流を促進し、筋肉の緊張をほぐす
  • 自律神経のうち副交感神経を優位にし、リラックスしやすくなる
  • ストレスの軽減
  • 疲れが取れやすくなる(疲労回復
  • 血圧の安定
  • 睡眠の質の向上

このように「深呼吸」をすることで「気」の巡りがよくなり、精神的な負担(ストレス)の軽減や情緒の安定が期待できます。

2020年からはじまった新型コロナウイルス感染拡大の影響で、私たちはマスク生活を余儀なくされています。
マスクの影響で深呼吸が難しくなり、自律神経(交感神経が優位になる)が乱れやすくなっています。

寒い季節に起こりやすい季節性うつ季節性感情障害)にならないように、日光浴セロトニン(幸せホルモン)の分泌を促し、新型コロナウイルスの感染対策もしつつ深呼吸で「」の巡りをよくしましょうね。

11月のブログも最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

Topページに戻る


ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→