陰液を補うことを、滋陰といいます。

陰液を補うことを、滋陰といいます。

凜鍼灸治療院の健康ブログ、滋陰について

秋口に体調を崩す秋バテさん。
東洋医学では、人体の主要な3つの構成物質「(津液)」のうち、「」と「(津液)」が不足して起こる「気陰両虚」を秋バテと考えています。

夏の暑さで「」が消耗してしまった気虚タイプさんは、「気」を補う補気(または益気)が必要となります。(補気については9/13記載
また、夏の暑さで体内の必要な水分が不足してしまい、体に潤いがなくなってしまった陰虚タイプさんは、潤い体を冷やす力を補う必要があります。
この体内に必要な潤いである陰液(水と血)を補うことを、東洋医学では滋陰(じいん)、または補陰(ほいん)と言います。
滋陰が必要な陰虚タイプさんは、次のことに注意しましょう。

  • 汗のかきすぎに注意。
  • こまめな水分補給を心がける。
  • 十分な睡眠をとる。
  • アルコールは控える

陰虚タイプさんは、体内の潤いがないので、食材にも注意が必要です。
東洋医学では、辛い食べ物発汗を促し、体の乾燥を助長してしまうと考えられています。
唐辛子胡椒生姜などは控えましょう。

陰液を補う(滋陰)食材の代表は「ネバネバした食材」です。
また、漢方では「白い食材」は肺の機能を整え、体内の潤いを補うと考えられています。

  • ネバネバした食材:山芋モロヘイヤオクラなど
  • 白い食材:蓮根白キクラゲり根、など
  • 「水(津液)」を生む食材:豆乳、豆腐、アスパラガス、きゅうり、ズッキーニ、トマト、牛乳、ヨーグルト、柿など
  • 陰液(水と血)を補う食材:黒豆、エリンギ、人参、ほうれん草、イカ牡蠣豚肉、鶏卵など

秋口は夏の疲れが出やすい時期です。
せっかく食欲の秋なのに、秋バテ気味で食欲不振なんてもったいないですよ。
補気と滋陰で、秋を楽しみましょう!

次回からは「季節の変わり目の体調不良」についてお伝えして行きます。

いつも凜鍼灸治療院の健康ブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。

Topページに戻る


ご予約受付〈30日前〜60分前まで

ご予約前にお読み下さい。→