東洋医学

健康ブログ
気・血・水(津液)の循環バランスの崩れで太る
気・血・水(津液)の循環バランスの崩れで太る

人はなぜ太るのか?東洋医学から肥満について考えてみましょう。東洋医学では、人間の身体は「気・血・水(津液)」という3つの物質によって構成されていると考えられています。この「気・血・水(津液)」の循環のバランスが崩れてしまうと、内臓などの働きがうまく機能せず病気になってしまいます。

続きを読む
健康ブログ
東洋医学からみた花粉症
東洋医学からみた花粉症

人間に有害な物質が侵入したときに、それらを排除しようとする免疫反応があります。この反応は生体防御にとても重要な働きですが、それが特定の物質(アレルゲン)に対して過剰な反応を起こすと、アレルギー性疾患として辛い症状が出てきます。東洋医学ではこのようなアレルギー反応をどのように考えているのでしょうか。

続きを読む